中古住宅 物件調査

こんにちは。

R&Rstudio では中古物件購入前に物件調査を行っております。

傾きがないか、基礎に鉄筋が入っているかなど確認していきます。

レーザーレベラーを真ん中に置き

四隅を計測します。

 

垂直も計ります。

 

 

新築であれば1mに対して3mmの傾き(3/1000)が許容範囲とされています。

中古住宅であれば1mに対して6mm(6/1000)です。

R&Rstudioの基準は3/1000です。

現在住んでいる住宅であれば、多少の傾きがあってもしょうがないか~とも思えますが

せっかく購入する物件であれば、少しでも傾きのない物件を購入していただきたいと思っています。

ですので厳しい判断をさせていただいています。

傾きがあっても、その土地の地盤沈下や床の貼り方などが影響している場合もあるので

しっかり見極めさせていただいています!

 

そして

鉄筋センサーを使い、基礎に鉄筋が入っているかを確認します。

周辺環境なども確認してから、お客様にご報告させていただいています。

 

1件目でご希望の物件に出会えるお客様もいらっしゃれば

なかなか良い物件が見つからず、数ヶ月~数年と待つお客様もいらっしゃいます。

物件探しはご縁だと本当に思います。

最適な物件を見つけ、快適な家作りのお手伝いをさせていただきます!

 

物件探しは無料で行っておりますので

中古住宅を探しているお客様はお気軽にご相談ください。

 

R&Rstudio  斉藤