転勤先から札幌に戻った時には自分たちの家を持とうと話していたK様ご夫妻は、当初は新築を考えていました。しかし、希望するエリアの土地の価格は高くて、家に予算を掛けられない…
そこで家づくりの選択肢として浮上したのが、立地も広さも希望を叶えることができる中古住宅のリノベーションでした。

Renovation Data
  • 札幌市豊平区K様邸(夫婦40代+子供2人)
  • 種別/戸建て(鉄骨造)
  • 築年数/18年
  • 工期/約3ヶ月
  • 物件購入費用 
  • リノベーション費用 

鉄骨の構造がデザインに調和した住まい

中古住宅で購入した家は、鉄骨造でワンフロア110㎡の大きな総2階建ての住宅です。

この贅沢な広さを使って、お友達の多いご夫妻が希望する、みんなでワイワイ過ごせるミニキッチン付きのフリースペースを1階に設けました。

天井は角波形の鋼板・デッキプレートを現しに仕上げて、モノトーン基調で古い倉庫のような無機質感を演出。 鉄骨の柱やブレース(筋交い)も敢えて隠さずに黒く塗装することで、デザインコンセプトに沿って無骨さを強調させています。

LDK、個室など水回り以外のプライベートな空間となる2階は、ヴィンテージ感を追求したデザインに仕上げました。

デザインと使い勝手で選んだ、テクスチャーと色むら感が味わい深いキッチンは、 ご主人、奥様、料理好きなお二人が並んで調理できるインダストリアルなカフェのイメージも織り込んでみました。

今回のリノベーションは鉄骨造ということもあり、当初のイメージ通りにいかない部分もあり、その都度、K様と現場打ち合わせを行いプラン変更が何度かありました。しかし、その構造を活かしたデザインにすることで、オンリーワンのいつまでも飽きのこない住空間ができました。

After

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Before

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider